スポンサードリンク
   


心療内科・精神科、診てもらうならどっちがいい?


仕事のストレスで落ち込みや
食欲不振、不眠、集中力低下など
のうつ症状が現れた場合、
できれば病院への受診をお勧めします。

特に仕事や日常生活に支障が
出てしまう場合は尚更です。


うつかな?と思ったらまずは医者に相談しましょう

ところでうつ病の場合、
心療内科・精神科どっちを
受診するのが良いのでしょうか?

結論を言えば、どっちでも構いませんし
多くの場合は「敷居が低い」という
印象もあって心療内科を受診する
ケースの方が多いような気もします。

多分、私が心療内科での
経験が多いからでしょうが・・・。

ちなみに、心療内科と精神科は
厳密に言えば違います。


まず、心療内科とは
ストレスから生じる身体の病気、
すなわち心身症が専門です。

頭痛や胃痛、喘息など
内科的な疾患の多くはストレスと
関連したものが多数あります。

そうしたストレスと関連した
内科の病気に対して、心理的な面からの
アプローチも視野に入れたものが心療内科です。


それに対して精神科は
脳の不調から生じる精神症状全般に
対する疾患が対象です。


例えば、うつ病をはじめとして、
統合失調症、躁うつ病、人格障害などなど。

パニック障害や不安障害なども
専門の範囲に入ります。

そのため、厳密にどっちがいいかと言われれば、
精神科の方が良いのですが、
実際は似たようなアプローチをしています。

つまり、どちらも主体は薬物療法ですので、
治療の方針や方向性はそんなに大差ありません


なので、どっちでも構わないのが本音です。

このサイトは主にサラリーマンや
会社員のうつ病を対象にしていますが、
多くは産業医からの紹介で病院に
行くことになると思いますので、
それに従えばいいでしょう



しかし、そうではない場合、
心療内科もしくは精神科、
どっちかに拘る必要はないだろうと思います。





    スポンサードリンク
   

posted by うつ病撃退カウンセラー at | 心療内科の受診について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。